楽器を始めるきっかけは何…楽器を上達させる方法とは?!

楽器が弾けたらいいなあと思う時

演奏を披露する機会ってなかなかありませんよね。バンド活動しているなんて言う人は、月に何度かライブハウスで本格的な演奏をしているかもしれませんが、単なる趣味で楽器を弾くという人も多いんです。そういう人は大勢の前で演奏する機会も少ないので、自分ができる楽器が何なのか周囲の人は知らないでしょう。しかし、クリスマス会などの何かの集いの中、何気なく楽器を弾くところを見せることができれば、周囲の人は驚いたり、感動してくれたりするものです。楽器を弾いている人を見た時って、「あんな風に弾けたらいいなあ」と思う瞬間でもありますよね。

憧れの楽器はどんな楽器?

楽器を弾きたい音楽を演奏したいって思う時こそ、楽器を始める時ですよ。音楽って感動するものですし、感動なんかは衝動的なものでもありますから、気持ちに合わせて楽器を始めるのが一番です。たまたま聴いていた音楽から影響されて、有名なピアニストやシンガーソングライターになった人も多いんです。好きなバンドのメンバーが担当している楽器なんかは、憧れの楽器でもあるはずです。ギターやベース、キーボードやドラムなどを始める機会は、いくらでもあると言えるでしょう。

練習方法はいろいろある

楽器ができるようになるには、まずは何より練習です。子供の絵は自由でどんな子供が描いた絵でも素晴らしい絵になりますが、音楽は音階やコードなどを学ばなければ、美しい音色を奏でることはできません。そのため独学で学ぶ方法より、講師や先生に教えてもらう方法が一番の上達法であるとも言えます。演奏したい曲を練習するのも楽しくて良いのですが、定番の練習曲などを段階ごとに練習していく方法なら確実に上達すること間違いないでしょう。

楽器を自分用にオーダーメイドするメリットは、演奏がしやすくなるという点です。また、手や体にフィットするのも特徴です。