車検をするときに金やの費用について知っておこう

意外と高く設定されている車検費用

車を所有している人は、必ず車検を受けなければなりませんね。日本の法律では新車の場合や新古車の場合3年に一度車検をする必要があります。それ以外の車の場合は2年に一度車検をする必要があります。車検の費用は軽自動車であれば3万円から6万円ぐらい、普通自動車であれば5万円から12万円ぐらいになります。このように軽自動車と普通自動車で費用が異なるのは、税金が異なるからです。印紙税や重量税などが根本的に違うためです。

車検を受けないがどうなるか

では、車検を受けないとどうなるでしょうか。多くの人にとって車検は大きな負担になります。10年に1度程度であればそれほど大きな負担と言えないかもしれませんが、2年に1度10万円前後のお金を払うとすれば生活が圧迫される人も出てきます。そこで車検を受けないとどうなるでしょうか。結論から言えば車検は法律に定められた義務ですので、車検を受けないと罰金50万円か懲役1年以下になります。また免許の点数も6点減点されてしまいます。

車検の費用の内訳を知ろう

では車検費用の内訳はどのようになっているでしょうか。普通自動車で見ていくと大きく分けて、法定費用と車検費用に分かれます。法定費用は印紙代・重量税・自賠責保険の3種類になります。この三つはいくら業者といえどもおまけをすることはできません。税金はおまけの対象にはならないのです。ですが、法定費用の方は業者の取り分になりますので、おまけをすることができます。車検場によって車検の費用が異なるのは車検費用の違いがあるからです。

車検とは自動車の構造、装置、性能を検査することです。定期的に検査を受けることが義務づけられています。